top
もどる
パソコン勉強会(第5回) WWWについて(2)
ブラウザの使い方
 インターネットエクスプローラーの基本的な使い方を説明します。
アドレス:現在表示されているページのURLが表示されています。ここに希望するページのアドレスを入力することでそのページを表示する事が出来ます。リンクで飛んでいった場合には基本的には(フレームなどを使っているサイトからのリンクでなければ)、飛んでいった先のページが表示されます。履歴に残っているものは、オートコンプリート機能で、全部入れなくても残りが自動的に表示されます。
アドレス
戻る、進む:右図の様に「戻る」「進む」が薄い表示の時にはこれらのキーは反応しません。反応するときには濃い色の表示になっています。

チップス1:アドレスを入力するときには、「Ctrlキー」と「Oキー」または「Lキー」を同時に押すと、「場所を指定して開く」の画面が出ます。

チップス2:フレームから抜け出したい時には、リンク先に飛ぶときに、右クリックで、「新しいウインドウで開く」を選びます。

戻る:直前に表示したページに戻ります。 ブラウザ2
進む:戻るボタンで戻ったページから、元のページに進む時に使います。
中止:データーの転送を中止したいときに使います。指定したサイトへのアクセスや大きなファイルなどがあり表示に時間がかかりすぎている時に便利です。
更新:もう一度そのページを読み込みなおします。頻繁に情報が更新されている場合や、キャッシュのデーターを更新する際に使用します。最新データーが表示されます。

チップス3: 「戻る」と「進む」の右に、▼がありますが、これは、9個までこれまで行ったことのあるサイトを表示させることが出来ますので、一気に戻ったり進んだりできます。
チップス4:目的のサイトになかなかつながらない時には、中止&更新が便利。タイミングですぐにつながる時があります。

ホーム:ブラウザが起動した時に最初に表示されるページで、何処へ飛んでいっていてもこのボタンを押すことで、戻ってくることが出来るページです。「表示(V)」→「インターネットオプション(O)」で設定する事が出来ます。一番良く行くサイトを登録しておくと便利です。
ブラウザ3

お気に入り:一度訪れて、気に入ったサイトやページはお気に入りに登録しておくと、次に行くときにとても便利です。操作はいたって簡単です。登録したいページを表示した状態で、一番上の列にあるメニューの中から「お気に入り」を選ぶと、お気に入り関係のプルダウンメニューが現れます(右図)。そこで、「お気に入りに追加」を選んでやれば登録画面が現れますので、好きな名前を付けて、登録完了です。どんどん増えていきますので、フォルダーを作成して、登録するサイトを自分で管理しやすいように分類しておくことをおすすめします。この作業は、「お気に入りの整理」で行うことが出来ます。このほかにアドレス欄の左端にあるIEのマークをお気に入りにドラッグ&ドロップしても登録出来ます。(下図で赤○の所を青○へ)
○

チップス5お気に入りの追加は表示している画面上で右クリックを押してもできます。