医学まめ知識
もどる

視力低下について1 <近視や遠視や乱視について>

 人間の眼はよくカメラに例えられます。前回お話しした様に、眼の入口には凸レンズがあります、カメラにもあります。光を感じる膜状に神経(以下、網膜という)に相当するのがフィルムです。(カメラに詳しい人へ:詳細は省略しています)ピントは、物とレンズと網膜(フィルム)の位置関係によって決まります。遠くの物を見て、ピントの合う位置が網膜の前にある眼を近視と言います。ちょうど網膜の上にある眼を正視、網膜より後ろにある眼を遠視と言います。

 それぞれの目の特徴をあげてみましょう。近視は、学童期に急速に進む視力低下の原因として広く知られていますが、遠方の視力が不良でも、近方の視力は良好です。すなわち、本を読むには便利な眼です。正視は遠方の視力が良好ですが、年をとると近くが見えにくくなります。老眼鏡が必要です。遠視の眼は、遠くはそこそこ見えますが、近くを見るには眼の中の筋肉が強く緊張します。すなわち近くを見るのは苦手な眼です。常時メガネをかけるのが望ましいと言えます。

 乱視とは乱れた眼です。どのように?  乱視のない眼はほぼ表面が球形ですが、乱視の眼の表面は卵やラグビーボールの様に縦横の曲がり具合が異なっています。このため、縦の線と横の線のピントの位置にずれが生じます。近視でも遠視でも乱視になる可能性は有ります。

 さて、次回は老眼の話をしましょう。

しかの眼科・鹿野 道弘