医療情報委員会 平成13年度活動計画
戻る
  • 講習会:昨年同様、年2回ほど開催。
    1. 会場はパソコン端末を使った講習会は旧NTTビルまたは男と女の未来館などを予定。
    2. 講師は有料で外部講師を予定。このため場合によっては会費徴収も有り得る。
  • 花粉症情報への謝礼:枡病院さんへ3000円程度の謝礼をする。
  • HPに「奥様の広場」のようなものを設定:奥様方のコミ二ケーションの場として活用していただく事を検討する。
  • HPの活性化:原稿獲得の策を模索して、その活性化に更に努力する。
  • 要請があれば、事務局のデジタル化促進に協力する。
  • 県医師会からのメール:医師会事務が取り扱えるようにしてもらうことを執行部に依頼する。
  • 安達医師会の汎用ドメイン名adachi-med.jpを獲得する。
  • 13年度の活動のために、予算アップを要求する。
  • 医療情報委員会のメンバーを補充:菅野先生、鹿野先生、小林淳雄先生に野地先生から文書で参加を要請する。

計画の修正(5月7日開催の医療情報員会にて)

  1. 補助金を受けた平成12年度安達医師会の地域医療情報化推進事業:平成13年5月7日に事業実績報告書を提出したことにより一応完了の運びとなった。
  2. この時点でハードの整備は終了したものの、活用するための事務局の整備面を執行部に依頼。
    • 5月30日の定例総会、そして議長斡旋による医療情報化事業を軌道に乗せるための集い、臨時の理事会などを経て、専門のスタッフの雇用が実現。これにより、県医師会からのメーリングリストの対応や事業の目玉であったアイオフィスを使った文書管理など、医師会のデジタル情報化が推進されることになりました。
  3. 平成13年度医療情報委員会活動方針として新たに
    1. 安達医師会情報ネットワークの活用に関するアンケートを実施する。
    2. アンケートの結果に伴い、アイオフィスの講習会を開催する。
    3. 同じくアンケートの結果によってはパソコン・インターネット勉強会の開催する。