「子どもとメディア」
もどる 
 2004年2月、日本小児科医会が「『子どもとメディア』の問題に対する提言」を公表し、マスコミをはじめとして、政府関係者や教育関係者に大きな反響を巻き起こした一件はご存じでしょうか。提言は、下記内容です。
  1. 才までのテレビ・ビデオの視聴は控えましょう。
  2. 授乳中、食事中のテレビ・ビデオの視聴は控えましょう。
  3. すべてのメディアへ接触する総時間を制限することが重要です。1日2時間までを目安と考えます。テレビゲームは1日30分までを目安と考えます。
  4. 子ども部屋にはテレビ、ビデオ、パーソナルコンピュータを置かないようにしましょう。
  5. 保護者と子どもで、メディアを上手に利用するルールをつくりましょう。
 テレビが日本の家庭に登場し、約50年が経つそうです。もはや、テレビなしの生活は考えられないと云っていいほど、私たちの暮らしはテレビ漬けにされております。テレビに限らず、ラジオ、ビデオ、パソコン、果てはテレビゲーム。そういった「メディア」の被害者とも云うべき一番の存在が、今の子どもたちであるということを、私たち大人が認識せねばならない時期に来ているということです。
 落ち着きがない子ども。キレやすい子ども。言葉のおくれ。死んでも「リセットボタン」を押せば、人はすぐに生き返ることが出来る。そんなことを、本気で信じている子ども。
 子どもたちをメディアから守るために、小児科医会は提言の公表に踏み切ったとのことです。

 もっとも、テレビに慣れきった大人たちから、「今さらそんなこと・・・」という感想が出るのも当然かなとも思います。ならばです。実際にテレビ・ビデオから切り離された生活が可能だった子どもたちに、どのような変化が起きたかの研究データをお示しいたします。まずは、ご覧になってみてください。このシリーズは、今後も継続させていただきます(佐久間)。

テレビ・ビデオを1ヶ月中止後の変化
  • 親のそばに寄ってくるようになった。
  • 視線が合うようになり、「見てみて行動」など、感情表現が増加。
  • 呼ばれて振り返る。遊びの中での振り返りが増加した。
  • 聞き取りがよくなり、指示に従うこともよくなった。
  • ことばでやり取りできるようになり、ことばが明瞭になった。
  • ことばが急激に増加。独語が減少した。
  • 落ち着きが出てきた。着席行動が改善した。
  • 母親、園の先生、友達の模倣が出てきた。
  • 友達の中に入って遊ぶようになった。
  • いろいろなおもちゃに興味が出て、操作遊びが上手になった。
  • 絵が上手になった。
  • 自分の思い通りにならなくても、泣かなくなった。
(チャイルドヘルス2006年9月号「子どもとメディア」より抜粋)

2007.1.17 掲載